マイナンバー対応のBPOサービスの意義とは何か

2016年1月より始まったマイナンバー制度に伴い、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)サービスを展開する企業が登場しました。BPOサービスでは、従業員のマイナンバーの収集、データベース登録、管理や関連書類作成といった作業を代行します。
随時ナンバーの追加や破棄にも対応しています。



企業がこうしたサービスを利用する意味はどこにあるのでしょうか。
その最大の理由は、ナンバーの管理が非常にシビアという点にあります。
大事なナンバーが万が一にも流出してしまうと、企業は管理責任を問われます。

そのため企業は厳重なセキュリティのもとで管理せねばなりません。
しかし企業はコストのかかる業務を嫌がります。そこで、信頼の置けるBPOサービスを使うことで、流出リスクを低減しよういう結論を得ます。

リクナビNEXT JOURNALについて気になる方はこちらです。

もちろん理由はこれだけではありません。

外部事業者にマイナンバー管理を任せることは、自社の業務の体制を変えなくても良いということになります。


これはコストを省くことになりますので、企業にとって意味のあることでしょう。また、ナンバー収集を確実かつ安全に行えます。
人の出入りの激しい業種においては特に重要な事項でしょう。


入社した従業員のマイナンバーの登録と、退社した人のナンバーの破棄を素早く行うことは、法令を守る意味でも大切です。

マイナンバーのBPOの情報探しはこのサイトから初めてください。

こうした様々な理由のために、企業はマイナンバー対応BPOサービスを利用する動きを見せていると言えます。